2017年のピアノ発表会は、今年もクリエイトホールで無事終了致しました。

ありがとうございました。

m(_ _)m

生徒さんのピアノ演奏と講師演奏だけでなく声楽、フルートなど盛りだくさんな発表会でした。

今年はリハーサルがあり長丁場になりましたが、時間に余裕があったせいか、生徒さん達は落ち着いて演奏していました。

じつは、本番の演奏がちょっと心配な生徒さんもいたのですが、なんやかんやで弾きこなしてしましました。

子どもは大人が心配しているほど弱くない、と切に感じた瞬間でもありました。

声楽

前半の最後に、二期会会員のソプラノ歌手の田中 三佐代さんが声楽を披露してくださいました。

「私のいとしいお父さん」は定番ですが、私も好きな歌なので嬉しかったです。

田中さんとは、楽屋でお話しできたのですが、なんと国立音楽大学のリトミック出身で、その後、芸大に入学し二期会に入ったそうです。

「私のいとしいお父さん」の他に、滝廉太郎作曲「花」、キャッツの「メモリー」も歌ってくれました。

どの曲も音楽を続けていれば、必ず出会う名曲ばかりです。

きっと発表会に参加している生徒さんとそのご家族のことを考えて選曲してくださったのでしょう。

フルート

今年もフルート演奏で発表会に参加してくださったSさんは、K先生と同級生です。

普段は、一般職に就いていますが、フルートを10年以上習っていて、今年も参加してくださいました。

普段ピアノばかりなので、他の楽器の存在は知っていても、なかなか生演奏を見ることはできません。

生徒さんは、ピアノソロの演奏スタイルだけでなく、他の楽器と共演する様子も見られるので、とても良い刺激になってます。

レッスン室に飾る生徒さんの写真も撮りました。

毎年、教室に飾る生徒さん用の写真を、発表会の合間に撮ろうと思っているのですが、いつも忙しさに流され撮れずにいました。

しか~し、今年こそは絶対に撮ると決めていたので、デジカメを持ち歩いた結果、タイミングよく撮る事ができました。

リハーサルの前後に撮れたので、時間に余裕があったおかげです。

写真屋さんもいるのですが、プロの写真とは別に、普段通りの生徒さんが撮れたと思います。

次回も撮れるか分かりませんが、とりあえず何とかなったのでした。

ご冥福をお祈りいたします。

ピアノ発表会のリーダー的存在である、K先生のお父様が発表会前に、突然他界致しました。

その知らせを受けた時、K先生の講師演奏は無理なのではないかと思ったのですが、講師演奏だけでなく、声楽の伴奏や、フルートの伴奏まで弾きこなし、本当に素晴らしかったです。

K先生と出会って10年以上経つと思うのですが、今までの演奏で、一番良かったのではないかと感じました。

強いなぁ~と、さすがだなぁ~と思いました。

ご冥福をお祈りいたします。