音符が読める!楽譜がわかる!
「ピアノ・サウンド」ブログ
  • HOME »
  • 「ピアノ・サウンド」ブログ »
  • 楽譜解説

楽譜解説

譜読みのキーワードは、ズバリヘ音記号!

以前、楽譜解説で 楽譜と鍵盤で見る音の高さ。 楽譜と鍵盤で見る音の高さ。Vol.2 をやりました。 今回はその応用編です。

上にあるから高い音?

音階を逆から言ってみましょう。

前回は、音階を低い音から高い音に向かって言ってみました。今回は、高い音から低い音に向かって言ってみましょう。 つまり下りです。 音階を途中から言えますか?下りバージョン。 次のように音階の階段を思い浮かべて下さい。階段が …

下りの音階。

ドレミファソラシドの音階、本当に覚えてますか?

ピアノレッスンでは「ドレミファソラシド」の音階は必ず必要になってきます。 一番最初のピアノレッスンで、生徒さんに「ドレミファソラシド知ってる?一緒に言ってみましょう。」と話しかけるとスラスラ言える人がほとんどです。 しか …

ミから1オクターブ答えましょう。

楽譜から、音符同士の距離を読み取る。

楽譜には色々な情報が詰まっているのですがそれを見て「そうだったのか!!」と発見できるのは真剣に音楽と向き合ってきた時のご褒美のような物です。 それを1度でも体験してしまうと… もう後には戻れませんよ〜…(●^□^●) そ …

楽譜と鍵盤で見る音の高さ。Vol.2

前回は高い音について解説しましたが、今回は低い音について解説します。 ピアノの鍵盤は音が低ければ低いほど、左側を弾く事になる。 まず前回同様に、楽譜には次の赤い音符が出てきたとします。わかりやすいように五線は省略していま …

楽譜と鍵盤で見る音の高さ。

こんにちは。八王子市犬目町のピアノ教室「ピアノ・サウンド」です。 今日は、「楽譜に書いてある音符の高低とピアノの鍵盤の関係」を解説します。   ピアノの鍵盤の、どこを弾くかで音が高くなったり低くなったりします。 …

ピアノの鍵盤

広告

メニュー

体験レッスン



スケジュール



子どものピアノ教室

大人のピアノ教室

講師プロフィール

つぶやいてます。

チケットぴあ

チケットぴあ

ぷりんと楽譜

PAGETOP