「アナと雪の女王 レット・イット・ゴー ありのままで」流行ってますね~!

八王子市犬目町のピアノ教室「ピアノ・サウンド」では「アナと雪の女王 レット・イット・ゴー ありのままで」を全員弾いています。

楽譜はヤマハ「ぷりんと楽譜」から「入門編」か「初級編」を使用しています。

「入門編」と「初級編」

「入門編」を使う生徒さんは、ピアノを始めて3年以内を目安にしています。

3年以上習っている生徒さんは自分で楽譜を見てもらい「入門編」と「初級編」を比べて演奏できそうな方を選んでもらっています。

*

*

*
「入門編」「初級編」だからすぐに弾けるのでは?と思いがちですがそうはいかないのが洋楽の恐ろしい所です。

まず「入門編」でよく出るリズムをご覧ください。

洋楽はリズムが複雑です。

「アナと雪の女王 レット・イット・ゴー ありのままで」よく出るリズム。

「アナと雪の女王 レット・イット・ゴー ありのままで」のよく出るリズム。

上記のリズムは、サビ前の曲が盛り上がり始めた所から頻繁に出てきます。

八分音符→四分音符→八分音符です。

音符の長さをリンゴで表すと次のようになります。

「アナと雪の女王 レット・イット・ゴー ありのままで」のよく出るリズムをリンゴで表す。

「アナと雪の女王 レット・イット・ゴー ありのままで」のよく出るリズムをリンゴで表す。

リンゴ半分→リンゴ1個→リンゴ半分となっているので真ん中のリンゴ1個の「四分音符」が一番長い音符なのです。

2分音符や全音符など見るからに伸ばす音符ならわかるのですが、四分音符を「長い」「伸ばす」という感覚がまだ分からない生徒さんもいます。

そこで上記のリンゴも説明しつつ言葉でも教えます。

「アナと雪の女王 レット・イット・ゴー ありのままで」のよく出るリズムを「タ」で覚える

「アナと雪の女王 レット・イット・ゴー ありのままで」のよく出るリズムを「タ」で表す。

 よく出るリズムパターンを覚えて演奏する方法。

上記の「タ ター タ」のリズムが分かると、

自然と「ター」の所にアクセントがついて、

強く弾くようになります。

そして音にメリハリがついて、とても良い演奏になります!

サビ向かって盛り上がっていくのです!!

*

*

*

「アナと雪の女王 レット・イット・ゴー ありのままで」のよく出るリズム解説いかがでしたか?

参考にして頂ければ幸いです。

それでは(^-^)


人気ブログランキングへ