クラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」

今年もゴールデンウィーク中に「ラ・フォル・ジュルネ」に行ってきました。
東京国際フォーラムを中心にクラシック音楽祭りが開催されまして、とても楽しいイベントです。

東京国際フォーラムのガラス棟地下

 

 

八王子市犬目町から、バスとJRを乗り継いでいくと、2時間半くらいかかります。
そのため毎年、午後からのコンサートを見に行っていたのですが、今年はなんと、朝10時のコンサートを聞きにいきました。

ラ・フォル・ジュルネはチケットの値段もリーズナブル。

ラ・フォル・ジュルネのコンサートは、チケットの値段が、かなりの格安です。
そのかわり、演奏時間が45分前後と通常のコンサートより短くなってます。

クラシックコンサート初心者、お子様などは我慢できる長さですし、クラシックファンの方はコンサートのはしごで、沢山音楽が楽しめる仕組みです。

地上広場ではキオスクコンサートと屋台村が楽しい。

国際フォーラムに到着すると、8角形の特設ステージが見えます。(思わず鳥かごと呼びたくなります。)
ここでは、キオスクコンサートが開催されまして無料で聞くことができます。

最近は、音大生やアマチュアの演奏家が出演されていますが、ラ・フォル・ジュルネ開催当初は、演奏時間の合間にアーティストさんが演奏してくれて、偶然見れたときは嬉しかったですよ。

 

地上広場キオスクにある八角形の屋外特設ステージ

 

 

 

今回は写真を撮ってないのですが、屋台がたくさん出店しているので、コンサートの合間に一息つくこともできます。
帝国ホテルのソフトクリームは毎年大人気のようです。いつも長蛇の列です。

児玉 桃さんのピアノコンサート

コンサートチケットとプログラム

児玉 桃さんのコンサートが始まる数分前に、なんと假屋崎 省吾さんが現れてビックリ!!
私が座っていた座席の列に、お知り合いがいたようで、その方達と少し話した後、ご自分の前の席に移動されてました。
それにしても、假屋崎 省吾さんは細〜いです!
後で、假屋崎さんのアメブロを見たら児玉 桃さんや去年マルタ・アルゲリッチさんと演奏した酒井茜さんなど、アーティストさん達とお食事をしているのが綴ってありました。
仮屋崎さんがピアノを習われているのは、テレビを見て知っていましたが、アーティストさん達とも交友関係があるとは羨ましいですね~。

ボリス・ベレゾフスキーさん&アレクサンドル・ギンジンさんの2台ピアノ

コンサートチケットとプログラム

毎年縁あって、ボリス・ベレゾフスキーさんのピアノは聞いているのですが、なんと、アレクサンドル・ギンジンさんのファンになってしまいました~!!(^^)/

2台ピアノでは、最初はアレクサンドル・ギンジンさんがプリモでしたが、すごく美しい音を出していて、セコンドのボリス・ベレゾフスキーさんは「あいつ、やるなぁ~!」といった感じで、何度も嬉しそうに頷きながら聞き入っていたのが印象的でした。

帰りにiPhoneでアレクサンドル・ギンジンさんについて調べると、ピアノ演奏だけでなく作曲もされているそうです。

0歳からのコンサートがあります。

年々話題になっているラ・フォル・ジュルネですが、お子さんも参加OKのコンサートがたくさんあります。
0歳からのコンサートは朝一番で開催してます。

3歳から参加可能のコンサートもあり、今回私が見たコンサートは2公演とも3歳からOKでした。
演奏時間が45分程度なので、座っていられるお子さんなら一度おすすめします。

ラ・フォル・ジュルネのパンフレット

私もピアノ教室の生徒さんにはパンフレットを見せて宣伝してます。(国際フォーラムで配ってます。)
今の保護者の方たちは行動範囲が広いので、かなり興味を持って下さいます。

楽しい思い出が音楽とともにあると、素敵ですね。

メールマガジン登録すると、うっかり忘れることを防げます。

ラ・フォル・ジュルネに参加したいけど、来年まで覚えてられるかなぁ~という方はメールマガジン登録をおすすめします。
私も登録してます。
チケット情報も早く手に入るのでおすすめです。

公式ホームページの「熱狂の日フレンズ募集中」から登録できますが、自己責任でお願いいたします。

それでは、また。(^^)/

 


人気ブログランキングへ