ピアノを習い始めて数年たつと「メヌエット」という曲名に何度か出会うことになります。

大抵の生徒さんは、バッハ作曲「メヌエットト長調」の事だと思い「それ、知ってる〜!前、弾いたよ〜!」と嬉しそうに言います。

その度に先生は「メヌエットは踊りの種類の事を言っていて メヌエットという曲は沢山あるのよ〜。沢山の作曲家が作曲しているの。」と 説明はしますが、中々、伝わりにくいようです。

そこで、素人ながら軽〜くメヌエットのステップでも 踊ってみようと調べた所、凄い歴史が出てくるではありませんか! Σ(゚д゚lll)

以下は浜中康子先生の著書とインターネット検索により自分なりにまとめたものです。

栄華のバロック・ダンス―舞踏譜に舞曲のルーツを求めて
浜中 康子 音楽之友社 2001-01-01
売り上げランキング : 118653

by ヨメレバ

ルイ14世とバロックダンス

メヌエットはバロック時代に踊られていたので、バロックダンス、古典舞踏などと呼ばれてます。

メヌエットがどの様なダンスなのか調べると、避けては通れない人物がいます。

それがフランス国王ルイ14世です。

ルイ14世

ルイ14世

ルイ14世はフランスにベルサイユ宮殿を作りました。

「鏡の間」が有名です。

ベルサイユ宮殿

ベルサイユ宮殿

ルイ14世はダンスが得意でどんな貴族より上手でした。

「夜のバレエ」で太陽の神アポロンを演じたことから、ルイ14世は太陽王と呼ばれるようになります。

その「夜のバレエ」で踊り手として、ルイ14世と一緒に出演していたのが ジャン・バディスト・リュリです。

ダンス教師は演奏家と作曲家でもあった。

この当時のダンサーは踊りだけでなく、楽器の演奏と作曲家も兼ねていました。

リュリもその一人で、ルイ14世に「夜のバレエ」共演以降気に入られ、宮廷音楽家として最高位に上り詰めていくのです。

王立アカデミーが作られる。

ダンス好きのルイ14世は、ダンサー達を庇護し王立ダンスアカデミーと王立音楽アカデミーを設立します。

クラシックバレエの原型ができる。

ルイ14世に信頼されていたダンス教師ピエール・ボーシャンは、現在のクラシックバレエ基本でもある「5つのポジション」を定め、舞踏譜を最初に研究したのでした。

その後、ダンス教師ラウール=オージェ・フイエは、ボーシャンの舞踏譜を改良し「コレオグラフィ」を出版しました。

この「コレオグラフィ」は二人の名前を取り「ボーシャン・フィエシステム」と言われるようになりました。

ルイ15世時代には、ダンス教師ピエール・ラモー出版による「ダンス教師」には、ステップ、お辞儀、礼儀などが書かれており、舞踏会の様子がわかるようになりました。

ルイ14世のおかげ。

そんなわけで、ルイ14世のおかげでベルサイユ宮殿は豪華絢爛になり、バロックダンス、バロック音楽も盛んになっていったのです。

そしてメヌエットなどのバロックダンスのステップも、舞踏譜のおかげで現代の私たちも踊れるようになったのです。

メヌエットの歴史は奥深ーい!!

まだまだつづく・・・


西多摩地域 ブログランキングへ