プレトニョフ版「くるみ割り人形」

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017で上原 彩子さんの「くるみ割り人形」を聴いて以来、自分でも弾いてみたくなりました。

同じように思った方は、結構いるようです。

しかしプレトニョフ版が輸入盤の為、一般の楽器店で見つけるのは大変なんですよね。

ネットで検索すると、よく利用する楽天市場でも扱ってませんでした。

色々探した結果、アマゾンで扱っていることがわかりましたが、今日アマゾンで確認した所、なんと売り切れでした。

2017年5月11日に注文した時は在庫9冊だったのが、1ヶ月も立たずに売り切れとは、すごい人気です。

また入荷したら買えるかもしれないので、体験談として残しておきます。

プレトニョフ版「くるみ割り人形」Amazonで注文しました。

海外から楽譜が届きました。

Amazonで楽譜を注文した日は2017年5月11日でした。

海外からの発送なので、1ヶ月近くかかると思っていたのですが、その日の内に発送メールが届きました。

その後、お店から日本語翻訳付きの英語のメールが来て、ポストに楽譜が届いてました。

シールで封がしてありました。

楽譜の梱包材に印刷されている文字や、封をしているシールが、海外っぽいですね。

ちなみに、この太陽のシールはフィンランドの本屋さん「ルスラン」のマークのようです。

この楽譜も、そこから送られてきたのですね。

プレトニョフ版「くるみ割り人形」

これが、待ちに待ったプレトニョフ版「くるみ割り人形」の楽譜です。

この楽譜は、ペーパーバックとあったのでチョット不安でしたが、表紙が光沢のある紙で、厚紙(ハードカバー)ではない、だけでした。

楽譜の紙質が悪いのかと思ったのですが、普通の紙の楽譜でした。

楽譜中身その1

楽譜の中身をチョイ見せします。

ロシア語と英語が使われています。

楽譜中身その2

この楽譜は、「眠れる森の美女」と「くるみ割り人形」の数曲が収められています。

全曲では、ないです。

上原彩子さんは、プレトニョフ版と上原彩子さん自身が編曲した物を演奏してます。

プログラムやCDを見ると、どの曲がプレトニョフ版で、どの曲が上原彩子さん編曲なのか印がついてます。

楽譜中身その3

裏表紙を見ると、この楽譜はロシアのMuzykaが出版しているのが分かります。

英語だと、musicaになるようです。

ちなみに、「ru」はロシアのことですね。

チャイコフスキー作曲「くるみ割り人形」プレトニョフ版はAmazonで買いました。

売り切れかもしれませんが、紹介しておきます。

上原彩子さん編曲の「くるみ割り人形」楽譜

上原彩子版「くるみ割り人形」

上原彩子さんが編曲した「くるみ割り人形」は、楽器店ですぐに手に入りました。

なんと定価926円で、消費税込みで1,000円でした。安!

私は、プレトニョフ版より先に、こちらの楽譜を手に入れていたので「序曲」を弾いてます。

「序曲」が仕上がったら、プレトニョフ版に入るつもりです。

なぜプレトニョフ版と上原彩子さん版の2冊必要か?

なぜプレトニョフ版と、上原彩子さん版の2冊が必要かというと…

プレトニョフ版は、「くるみ割り人形」と「眠れる森の美女」の一部が入っていて、全曲ではないです。

上原彩子さん版は、プレトニョフ版に入ってない3曲が載っています。

しかし2冊揃えても「くるみ割り人形」全曲ではない所が惜しいですね。

ピアノソロ 「上原彩子のくるみ割り人形」より ~「序曲」「葦笛の踊り」「花のワルツ」

レビューポータル「MONO-PORTAL」