以前、楽譜解説で

  • 楽譜と鍵盤で見る音の高さ。
  • 楽譜と鍵盤で見る音の高さ。Vol.2
  • をやりました。

    今回はその応用編です。

    ト音記号とヘ音記号が混ざっている楽譜。

    ト音記号のドシ

    ト音記号でドシの音符が書かれた楽譜があります。

    鍵盤で弾くと次の通りです。

    鍵盤ドシ

    ドシの続きには、次のような音符があります。

    ト音記号のドシヘ音記号のラソ

    今までの考え方なら、続きの音はドシの音符より高い位置に書かれているので、
    ドシより高い音という事になります。

    上にあるから高い音?

    しかし、ここで気をつけて頂きたいのがヘ音記号です。

    ヘ音記号に気を付ける

    ヘ音記号から後ろの音は、読み方が変わり「ラソ」となります。

    ドシラソと下がっていく。

    つまり、順番に「ドシラソ」と音が下がっていくのです。

    鍵盤で弾くと次のようになります。

    鍵盤上で弾くとドシラソとなる。

    音符が高い位置にあっても、ト音記号やヘ音記号と言った記号が変わるだけで、読み方が変わります。

    今回は、高い位置にある音が、実は下の低い音だったという例を紹介しました。

    また、その逆もあるので気を付けて楽譜を読んで下さい。

    それでは、また。(^_−)−☆